マンガやな

マンガやドラマの感想を書いています

余命10年

余命10年

今朝は読むものがなく

たまたまおすすめの棚にあった余命10年を手に取りました

重い話

治らない病気で余命10年と宣告

限られた時間の中

精一杯生きる主人公の姿が描かれています

そして恋をしないと決めた主人公

彼女のことを好きな彼

日本国民全員読め

これが率直な感想です

自分の余命が短かったら

果たして自分はどのように考え行動し

残りの時間を生きていくのか?

朝からめっちゃ考えさせられました

参議院選挙から政党や候補者の悪口ばっか言ってた自分

こんなことやってる場合じゃないなと

もちろん政治やその他諸々も大事ですが

自分の人生を精一杯生きることの大切さっていうか

参院選から浮ついていた自分を現実に引き戻してくれました

 

政教分離やら宗教団体がどうとか

暴露系なんちゃらとか

そういうのは当事者にやってもらって

私は私の残りの人生を精一杯生きていく

そういうことが大事なんじゃないかなと

 

作品としての感想はというと

すごくいいお話だったのですが

お話と絵柄が合ってなかったかな?

というのが率直な感想です

 

絵が良くないというわけではなく

合ってないかなって

それだけです

 

小松菜奈さんと坂口健太郎さんで映画化されてるみたいですね

それでおすすめコーナーの棚にあったのか

 

余命10年

余命10年

  • 小松菜奈
Amazon